居候社長の起業奮闘日記~仮想通貨で起業してみた

これは、仮想通貨を世に広めたくて起業してしまった26歳社長が奮闘するノンフィクションの日記です。Bitforward online というサイトを運営しています

勝って兜の尾を締めろ!!調子に乗って、すぐ舞い上がる僕はおバカでした

f:id:bitforward2018:20180626193244j:plain

 

 仮想通貨市場は未だに回復の兆しが見えないが、僕の会社のビットフォワードは6月の初め頃から徐々に運が向いてきたように感じていた。

 

運が向いてきた1番の要因としては、リアルの方で仮想通貨関係で有名な方と積極的にお会いすることで人を紹介していただいたり話題にして頂くことが多くなってきたことだった。

 

中には自分のブランディングに繋がるようなお仕事のお話しも頂けた。

僕は自分がやってきたことに、やっと光が射してきたようで本当に嬉しかった。

 

「継続すれば最後には運が味方をしてくれる!!」

そう感じていた。

 

I社長に、6月になってからお仕事を頂けるようになったことを話した。

 

すると予想に反して、I社長の表情は険しかった!!

 

「逆境の中で仕事が入り始めたら舞い上がりたくなる気持ちも分かるけど、そういう時ほど自分の中に冷静な部分を残しておきなさい!!」I社長は言った。

 

「自分の想定以上に物事が上手く運んだり、実力以上の仕事が来たときほど注意しないといけないんだ。」

 

「浮き足だっている時ほど、足元を救われて金銭的なダメージを追いやすい。」

 

「だからこそ、仕事を完遂して口座に入金があるまで絶対に気を抜いてはいけないよ。」

 

僕は想定していたリアクションと違うことに驚いた。

そして、自分がいかに舞い上がっていたかを痛感してしまった!!

 

今までの自分の人生を振り返ってみた時に、ちょっと運が向いてきた時に舞い上がることで痛い目にあってきたことも事実だった。

 

「幸運が来ることは悪いことじゃないし、その幸運が本物ならむしろ喜ぶべきことだ!!」

 

「その為に、毎週僕らは神社にお参りに行っているんだ!!」

 

「ただ世の中には、幸運のように見せかけたまやかしがあまりにも多いんだ。」

 

「この視点を持っていなければ、今仮に痛い目に合わなくてもちょっと成功した時に必ず痛い目に合う。」

 

「大事なことは良いお話しが来た時ほど積極的に飛び込みながらも、必ず冷静な自分も残しておく。」

 

「このアクセルとブレーキのバランスがあれば、人生において取り返しのつかないミスはなくなるよ。」

 

せっかく良い流れができ始めているのだから、積極的に飛び込みながら気を引き締めて取り組む。まさに

 

「勝って兜の尾を締めろ!!」の心境だった。

 

続く

 LINE@始めました。LINE@では仮想通貨の最新情報や、居候社長のブログに度々出てくるI社長への経営相談も承っています。

 

 

I社長の経歴は、こちらから

【報告】札幌中央 第753回経営者モーニングセミナー テーマ『 企業買収・合併の落とし穴〜年商40億の経営者からある日突然 無収入になった私の経験〜 』2016年11月9日水曜日 : モーニングセミナーの予定と報告

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain

仮想通貨大暴落時、取引所のトップは業務改善命令をどのように考えているのか?

どうも福田です。

 

f:id:bitforward2018:20180625225229j:plain

 

本日占いに行ってきて、おばちゃんに

「あんたの向いてる職業は、公務員と美容師と職人とホストだよ!!」という

全く脈絡のない4つの職業をぶつけられました!!

 

俺は何をやれば良いんだ笑笑

 

今回の金融庁の取引所に対する業務改善命令での仮想通貨市場の下落は、さすがに僕も落ち込みました。

まさに「泣き面に蜂」を体現したような出来事だったと思ってます。

 

それでも落ち込んでばかりもいられないので、冷静に状況を整理しました。

 

その中でできるだけ今回の情報の内情を詳しく知っている方を探したところ、現在ビットポイントジャパンを運営していてリミックスポイントの代表取締役である小田玄紀社長のブログを見つけました。

 

小田社長は今回の業務改善命令を次のように語っています。

今回の当社を含む仮想通貨交換業者に対する行政処分の発表を受けて、いくつかのメディアの方からも問い合わせを受け、その度に回答をしていますが、当局としては決して仮想通貨市場に対して否定的ではないと私自身は認識しています。‟今の仮想通貨交換業者“に対しては改善すべき点が多々あり、そのために指導をしている状態ですが、これは規制が目的ではなくむしろ将来的な育成が目的だと素直に考えていますし、実際の折衝でもそのように感じています。

 

世間では今回の業務改善命令は、金融庁が日本の仮想通貨業界を規制によって雁字搦めにしているという受け取られ方をしましたが実際に金融庁の方と折衝をした取引所のトップの方々は全くネガティブに捉えていないという点です。

 

弱気な市場にネガティブニュースが投入されたことで、勿論仮想通貨の価格は下落しましたが取引所を運営するトップが強気というのは、どんなアナリストの予想より心強かったです。

 

また2018年2月13日には、このようなコメントもされています。

ここ最近の仮想通貨に対する逆風を感じますが(といっても経営において逆風が吹かないことはほとんど無いので、そうした意味ではいつも通りの風ではあるのですが)、一つ仮想通貨の可能性を株式市場にも示すことが出来たのではないかと考えています。

 

取引所のトップ達は仮想通貨市場に流れる逆風も、いつも通りの経営変化だと捉えているということです。

 

最後に、小田社長はこのように述べられています。 

また、仮想通貨の市場自体が2~3か月で大きく変わります。そのため、市場変化に合わせて適したビジネスモデルに変えていく必要があります。

 

 取引量、価格のボラタリティ、国内外の仮想通貨の価格差、取扱仮想通貨の増減、各国の規制およびそれに伴う主要取引所の流動性、セキュリティリスク・・・。様々なパラメーターがあり、その1つが変化すると収益構造も大きく変わるため、常に市場動向に応じてシステムや態勢、そしてビジネスモデルを変化させていく必要があります。

 

仮想通貨の2~3か月後は、誰も分からないくらい世界が大きく変わっています。

 

私としても資金が続く限り、市場に流されず淡々とやっていこうと思います。

 

 

 LINE@始めました。LINE@では仮想通貨の最新情報や、居候社長のブログに度々出てくるI社長への経営相談も承っています。

 

 

I社長の経歴は、こちらから

【報告】札幌中央 第753回経営者モーニングセミナー テーマ『 企業買収・合併の落とし穴〜年商40億の経営者からある日突然 無収入になった私の経験〜 』2016年11月9日水曜日 : モーニングセミナーの予定と報告

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain

ご紹介頂いたブロガー様と面談してきました!!

どうも福田です。

 

仮想通貨は、お察しの通り絶賛死亡中です。

 

こちらは僕が解決できる問題ではないので、成るようにしかならないと思ってます。

 

本日は「ビットフォワードオンライン」に寄稿して頂きたいと思うライター様と面談してきました。

 

ここ一か月少人数で運営してきましたが、メディアを大きくするには多少お金がかかっても、いろんな方の力を借りるしかないという結論になりました。

 

bitforward.hatenablog.com

 

 ライター様を真剣に探そうと決断したのが2日前、昨日ご紹介頂き、本日面談させて頂くという超スピードスケジュールでした。

 

まさに引き寄せの法則を感じた二日間でした。

 

ご紹介頂いたライター様というのが本当に面白い方で、「現在は生活の大半を奢ってもらうことで生きている」とのこと。

 

ご飯以外にも

「家の鍵を渡して貰って自由に使って良いよ」と言われたり、

「車を好きに使って良いよと言われる」とのこと

 

こんな感じで生活コストが普通の人に比べると異常に低いので、収入がどんなに少なくても好きなことをして生きていられるということでした。

 

最近の悩みは

「自分はこの生活を数年前からしているのに、最近プロ奢られヤ―が有名になって悔しい」とお話ししておりました。

 

この方です。

f:id:bitforward2018:20180624144526j:plain

プロ奢ラレヤー🍣 (@taichinakaj) | Twitter

 

僕は彼に言いました。

「それ、奢られる才能ですよ!!」

 

美人な女性以外で、家賃を全額面倒見てもらっている人を実際にお会いしたことがなかったので衝撃でした。

 

特技をお伺いすると、

ヒッチハイクをすると、1分で車を止めることができます。何の分野でも、仮説を立てて検証をすることで結果を出せると思ってます。」

 

PDCAヒッチハイクで、使われたんですねwww」

 

「多くの人は、段ボールに文字を書いて車を止めないとと考えているんですけど、車が止まってくれれば何でも良いんですよね。」

 

「確かに.... そもそも、そんなにヒッチハイクを真剣に考えたことなかったです。」

 

僕は彼に、もう少し踏み込みました

「今は何をされてるんですか?」

 

雑記ブログを運営し始めました。

 

「まだ、音楽のこととか一般的なこと書いてます。」

 

「そんな面白い経歴あるなら、どんどんパーソナル出しましょうよ。」

 

仮想通貨を始めたのも、昨年の夏ごろ

「面白そうだから勉強したい!!」と言ったところ5万円をお世話になっている人に貰って始めたとのこと。

 

奢られる才能の高さを感じてしまいました。

 

 まだ一緒にお仕事できるかはライター様のお返事次第なので分かりませんが、こういう面白いライター様をどんどん集めていこうと思います。

 

 

 LINE@始めました。LINE@では仮想通貨の最新情報や、居候社長のブログに度々出てくるI社長への経営相談も承っています。

 

I社長の経歴は、こちらから

【報告】札幌中央 第753回経営者モーニングセミナー テーマ『 企業買収・合併の落とし穴〜年商40億の経営者からある日突然 無収入になった私の経験〜 』2016年11月9日水曜日 : モーニングセミナーの予定と報告

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain

仮想通貨のエンタメライターを募集します!!

どうも福田です。

 

僕は「ビットフォワードオンライン」という超初心者向けの仮想通貨エンタメサイトを運営しています。

 

コンセプトは「仮想通貨をどこよりも分かりやすく楽しく伝える」です。

 

 現在、弊社は深刻な「エンタメライター不足」に悩んでします。

仮想通貨のことを面白く伝えてくれるライター様は、本当に貴重なんです。

 

現在メインで活動してもらっているエンタメライター様は、まなピケさんだけになっています。

 

 f:id:bitforward2018:20180427142709j:plain

 

僕は思いました。これは、マズイ。

あまりにも「まなピケさん」に仕事が集中すると、まなピケさんもキツくなって辞めてしまう........

早急に「エンタメライター様」を探さねばと.....

 

 

そもそも、なんで「仮想通貨×エンタメ」にこだわっているのか......

ここから、お話しさせて頂こうと思います。

 

以前は「仮想通貨の詳しい情報や最新情報を伝えるべき」だと頑張っていました。

どこを見ても、そういうサイトしかないのでそうするべきだと思ってました。

 

しかし気づきました。

大手サイトの劣化版になった情報を見に、わざわざ僕のサイトに来てくれる人なんていないということに

 

資金も人材もない我々が、最初から大手と同じ土俵で戦っても全く勝てませんでした。

 

仮想通貨の最新ニュースを伝える「coin post」さん

仮想通貨を日本一詳しく紹介する「coin otaku」さん

 

これを目指して、危うく泥沼に嵌りそうになりました。

 

それなら、どうしたら良いか.......

悩みに悩んだ結果

 

「オンリーワン」になるために仮想通貨を日本一楽しく伝える「エンタメメディア」を目指そうと思いました。

f:id:bitforward2018:20180618204802j:plain

 

ビットコイン決済のために、サソリ食べてるメディアはまだないかな~と

 

 

f:id:bitforward2018:20180618210950j:plain

 

こんな感じに現地に行ってビットコイン決済をしたりと、ちょっと変わったことばかりしてます。

 

仮想通貨のメディアって、扱っている情報が基本的に難しいんです。

それが業界のスタンダードになっているんですが、町でアンケートを取ると「ビットコインキャッシュ」や「イーサリアム」を知らない方の方がずっと多い。

  

だからこそ、分かりやすく面白い「エンタメ」を目指しました。

 

 

基本的には、こんな記事を書いています

ふく子とまなピケの仮想通貨初心者講座① 仮想通貨を始めよう

 

正直めちゃくちゃ詳しい情報や、最新情報は扱っていません。

とにかく画像を使って分かりやすく、面白くをテーマにしています。

 

プロのライターが書いた綺麗な文章より、記事を書いた方の人間性が滲み出るような文章を書いて頂きたいです。

 

文字単価は1円は少なくともお支払しようと思っているので、直接お会いしてお話しできる方を募集します。

 

ライター経験より、仮想通貨が大好きな方、面白く伝えたいと思える方にご参加いただきたいです。

 

何卒よろしくお願いします。

 LINE@始めました。LINE@では仮想通貨の最新情報や、居候社長のブログに度々出てくるI社長への経営相談も承っています。

 

I社長の経歴は、こちらから

【報告】札幌中央 第753回経営者モーニングセミナー テーマ『 企業買収・合併の落とし穴〜年商40億の経営者からある日突然 無収入になった私の経験〜 』2016年11月9日水曜日 : モーニングセミナーの予定と報告

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain

仮想通貨市場は、より疑心暗鬼を強める!!今、我々はどう動くべきなのか?

最近の仮想通貨相場の傾向は

「だまし上げ・だまし下げ」が目立つようになりました。

 

これはどういうことかと言うと、チャートが上に向かって上がりそうだと見せかけて叩き落してくる。

 

f:id:bitforward2018:20180621100702p:plain

 

この繰り返しです。

「いつ上がるんだ?」と

精神的には、かなり疲弊してしまうのではないでしょうか?

  

そうすることで、個人投資家の方の方ほど

「本当に仮想通貨なんて上がるの?」

 

「もうブームは完全に終わった・・・」と疑心暗鬼を強めているように感じます。

 

こんな時、どうするべきなのか?私が考えていることをお話しさせて頂ければと思います。

 

仮想通貨に対する期待値が高すぎることが原因

 そもそも投資の世界で、たった1ヶ月間で全く相場の雰囲気が変わるのは仮想通貨くらいのものです。

 

株式の世界では1ヶ月で日経平均が1000円、5%動けばニュースになります。

 

これが本来あるべき姿なんです

仮想通貨の場合、もしかしたら来月には全く変わるかもしれないという過度な期待が、想定と違う値動きをした時の、じれったさを倍増させます。

 

仮想通貨を買った時は、未来を見ていたと思うのです。

10年後すごいことになるかもしれないよ、という口コミで買ったのではないでしょうか。

 

仮に10年後に大きな市場になるのであれば、3~6ヶ月くらい気長に待ってみませんか?

 

1年の7割は価格が動かない

 実は1年の7割の期間は、レンジ相場と呼ばれるて価格が動きません。

 

あとの3割は上昇トレンドという相場が全体的に上がる、下降トレンドという相場が下がるを経験するので

 

実は一般的に上昇トレンドと呼ばれる相場は、15パーセントしかないんです。

 

1年間の上昇は、ほんのごく短い期間で作られてしまうということです。

 

逆に言えば1年間の85%は「イライラする値動きをする」とことを知っていると、それだけで諦めがつくのではないでしょうか?

 

 市場が小さすぎる

 仮想通貨市場は下落を続け、全体の市場規模として30兆円しかない市場になりました。

 

冷静に考えると、30兆円しかない市場に我々はいるのです。

 

これはフェイスブック1社の時価総額の半分ほどの価値しかありません。

 

こんなに小さな市場で成長しないことの方が、不思議でしょうがないです。

未来がどうした?という大きなお話しの前に、そもそも全く成長していない段階だということに目を向けると不安な時の自信になるのではないでしょうか?

 

まとめ

 相場の方向性が乏しい時ほど大きく動いてはいけません。

今するべきことは「退場しない」「無理をしない」の2点です。

 

 投資で一番大切なのは、良い時も悪い時も参加し続けることです。

10年生き残れたら、それだけであなたの資産は大きく増えています。

 

皆の関心が薄れた時に勝ったものが、経験上大きく華を開きます。

 

居候社長の第一話は、こちらから

bitforward.hatenablog.com

 

 LINE@始めました。LINE@では仮想通貨の最新情報や、居候社長のブログに度々出てくるI社長への経営相談も承っています。

 

I社長の経歴は、こちらから

【報告】札幌中央 第753回経営者モーニングセミナー テーマ『 企業買収・合併の落とし穴〜年商40億の経営者からある日突然 無収入になった私の経験〜 』2016年11月9日水曜日 : モーニングセミナーの予定と報告

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain

1日で3000万円を貰ってしまう?!本当に価値があるものは、形がなかった

f:id:bitforward2018:20180618212622j:plain

 

僕が運営している仮想通貨情報サイト「ビットフォワードオンライン」は、ちょうど3か月が経過した。

 

3か月が経過し、わずかではあるが成長の芽が出始めていた。

成長の兆しが見え始めた一番の理由はコンセプトを超初心者向けに変えたこと、仮想通貨相場が悪くても諦めずに継続して運営し続けたことにあった。

 

ビジネスの勘を磨き続けなさい

 僕はいつものように、居候先のI社長のところに出勤した。

 

すると、I社長に質問された。

昨日のサッカーの試合見たかい?

 

「見てません。」僕は正直に答えた。

 

「うわ~!!それは、勘が悪いよ。僕も普段サッカーはほとんど見ないけど日本のほとんどの人が見ているような要所だけは外さないようにしているんだよ。」

 

「別にサッカーがどうこうではなくビジネスにおいて勘というのは物凄く大事だからね。」

 

「もし今日商談に行って、昨日のサッカー良かったですね!!って会話になった時、話が広がらないことは問題じゃないかい?」

 

bitforward.hatenablog.com

 

「ビジネスの勘は、すぐ磨かれるものではないけれど、普段から意識して生活する練習をしておいて欲しいんだよ。この勘が鋭いだけで大成功している人は、世の中にゴマンといるからね。」

 

 「普段から勘を磨くことを意識して生活する、この話だけで今日君は1000万円儲けたね!!」I社長は言った。

 

会社を運営して1万円の重みを深く感じ始めた僕にとっては、急に出る1000万円の価値はよく分からなかった。

 

ビジネスでは、まず生き残りなさい

 話題は、次に僕の運営しているサイトのことに移った。

 

「君は今コストをかなり意識して、会社を運営し始めただろ?」

 

「そうです。最近は経費にばかり目がいきます。」

 

「これはちょうど経営で言う、第2ステージに入ったところなんだ。」

 

「ビジネスは本当の立ち上げ初期は、本能のままにコストを度返ししてドンドン進めないといけない。」

 

冷静にコストやリスクのことばかり考えすぎると

「そもそも、やらない方が一番良いんじゃないか?」という結論になってしまうからね。

 

立ち上げ初期が終わると、次に考えなくてはいけないのはコストのバランスなんだ。

これは儲ける前の「生き残る」ためのフェーズに行くからね。

 

ビジネスは、よっぽど変なものを選ばない限り「長く生き残る」だけでほとんどが軌道に乗っていくんだよ。

 

僕は無責任なことは言わないようにしているけど、僕の勘だと君のビジネスモデルは必死で継続すれば年商1億円、年収で言えば2000~3000万円のところまでは到達するよ。

 

年商1億円の規模であれば奇抜なアイディアは大して必要なくて、努力と継続で到達するからね。

 

 「ただ世の中の悲しい現実としては、良い人ほど成功していないんだ。逆に人間性に問題がある社長が成功したりしている。なぜか分かるかい?」I社長は言った。

 

「人間性に問題がある社長は、常識を疑う癖があるから最初にお金をかけすぎずビジネスが立ち上がるまで生き延びてしまうからなんだ。」

 

「逆に良い人ほど、ちゃんとした形でビジネスを進めないとお客様に失礼だと思って最初から業者に乗せられて、一貫してコストをかけ続ける」

 

「そして、ビジネスが立ち上がる前に資金が尽きて自滅してしまう。それくらい生き残ることは、大事なんだ。」

 

経営はアクセルとブレーキのバランスだ。

 「一人起業した人が3年経たずに潰れていくのは、経営のアクセルとブレーキのバランスがおかしい時に指摘してくれる人がいないからなんだ。」

 

「アクセルを入れ続けても自滅するし、ブレーキを踏み過ぎてもビジネスが立ち上がらない。」

 

このバランスをチームで客観的に評価することが大事なんだ。

 

この話を覚えておくだけでも、1000万円の価値があるよ。

良かったね。

今日は、これで2000万円も儲かった。I社長は言った。

 

人の話を最後待って、適切に発言しよう

 「 最後にこういうことを話すと、君は反射的に口を挟みたくなってしまうと思う。これは人生において物凄く損をしているんだ。この時何を言っても、相手には反論しているようにしか受け取られない。」

 

「これを知らず知らずに続けると、人が自分の周りからいつの間にか離れて行ってしまう。」

 

ビジネスの0→1は自分だけでもできるけど、1→10→100にする場合必ず人の協力が必要になってくる。

 

「人が自分の周りから離れて、ビジネスを大きくできた人はいないんだよ。」

 

「しっかり人の話を聞いてから、空気が変わるのを待って適切な時に自分のことを話す。これは、たとえ君がADHDだったとしても訓練でできるようになるからね。」

 

これも1000万円の価値がある話だよ。

 

今日は合計で3000万円も得をしたね。

すごいな~本当に......

 

この 3000万円という数字は、I社長が出まかせで言っているわけではなかった。

 

I社長は言った。

「実はこれは若い頃、僕も自分のメンターに全て同じように教わってきたことなんだ。言ってしまえば全部受け売りだ。」

 

「その時、価値が分からなかったけど後々振り返ると確かに1000万円以上の元は取ってる。」

 

 だから早く会社を大きくしたい気持ちは分かるけど、まず生き残って自分磨くことを考えてごらん?そしたら必ずチャンスが周ってくるから。

 

お金持ちの人はいつも、不思議な価値観だった。

 

続く

 

 

 

 LINE@始めました。LINE@では仮想通貨の最新情報や、居候社長のブログに度々出てくるI社長への経営相談も承っています。

 

I社長の経歴は、こちらから

【報告】札幌中央 第753回経営者モーニングセミナー テーマ『 企業買収・合併の落とし穴〜年商40億の経営者からある日突然 無収入になった私の経験〜 』2016年11月9日水曜日 : モーニングセミナーの予定と報告

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain

仮想通貨、大暴落時には僕たちはどうするべきなのか?

f:id:bitforward2018:20180614211758j:plain

 

仮想通貨市場は6月も依然として、不透明な状態が続いています。

 

以前仮想通貨を購入された方の多くが疑心暗鬼を深めているのではないでしょうか。

 

分野は違いますが、僕は株式相場でも同じようなことは何度も経験してきました。

 

特に最近の傾向として、株式・為替共に「ボラティリティ」という変動幅が高い傾向が続いています。

 

2011年頃は、1日にドル円が1円以上動くことはあり得ないくらいの事件でした。

しかし今は、日常茶飯事です。

 

ここ3ヶ月で、為替は104円~110円と6円近く変動しています。

大きく変動することが当たり前の時代になってきました!!

 

こういう場合僕たちはどうすれば、良いのか......

それは「勝てるレースでしか戦わない」です

 

僕は証券会社時代お客様を負けさせないようにする為に、この戦略を取っていました。

 

全レース、全エントリーをすると正直必ず負ける時はきます。

 

私は正直、仮想通貨が盛り上がってほしいと思ってはいますが

 

同時に責任なく煽るだけ煽って、仮想通貨を投資したことを後悔する人を生みだしたくないのです。

   

このような疑心暗鬼の相場の時に、とるべき行動戦略は2つ

1.下手に動かないこと

2.少しずつ仕込みで資金を入れること

 

なんだそんなの分かってるよと言われてしまいそうですが

「当たり前のことを淡々と続けること」が勝つ秘訣だと私は思います。

 

そして本当に勝つ方法論は、いつもシンプルです。

投資手法は、数多くあるようで単純に分けると二つしかありません。

順張りと逆張りです。

 

順張りは上がっている相場の流れに逆らわずに買い、途中で売り抜ける方法です。

 

逆に相場が下落している時に入って稼ごうとすることを、逆張りと言います。

 

投資で勝手いる人の9割は、順張りをしています。

 

それだけ、逆張りという手法が難しいということでもあります。

トレンドが明確に転換したと感じるところで、少しずつ資金を入れていくこれが私が

 現状負けにくい方法だと思っています。

 

そして今は、タイミングではありません。

 

「休むも相場」です。

 

PS. 少しずつ資金を入れていく手法は「経営」でも同じだよってI社長に言われました笑笑

 

line@始めました。

ブログではなかなかお話ししない情報を定期的に呟きます。登録、よろしくお願いします。

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain