居候社長の起業奮闘日記~仮想通貨で起業してみた

これは、仮想通貨を世に広めたくて起業してしまった26歳社長が奮闘するノンフィクションの日記です。Bitforward online というサイトを運営しています

株式会社ZUUが上場するって!!アフィリエイトの可能性はここまで広まった?!我々、個人はこれからどう戦ったら良いの?

f:id:bitforward2018:20180522181050p:plain

 

株式会ZUUという会社をご存知でしょうか?

野村証券出身の富田和成さんが創業された会社で、「zuu online」という金融メディアを運営され日本最大規模を誇っています。

https://zuuonline.com/

 

富田さんは野村証券で超トップ営業マンを走り続け2013年に独立されました。そして、営業とは全く違う分野のメディア事業に取り組まれました。

 

実はこちらの会社、6月18日に東証マザーズに上場いたします。

 

メディア事業では、具体的にどこで収益を上げているかと言いますと

「私達のメディアには、お金への関心が高い資産家層が集まっています。私達は現在展開するメディアを通じ、彼らを金融機関や不動産会社へと送客しているのです。これを『送客課金ビジネス』と呼んでいます。

 

例えば、そろそろ資産運用をしてみようと考えた方が、私達のメディアから証券会社に飛んで口座を開設したり、不動産売買に関する資料請求をする。私達はそれに対し、送客先からお金をいただく。

https://nipponmkt.net/2015/04/08/takurami20_zuu_tomita02/

nipponmkt.net

 

 このメディアをここまで成長させたのには、特筆すべきオペレーション体制にあります。

「要は社内では企画に専念し、編集部はオペレーションを中心に行うということです。私達が世に送り出すコンテンツは、お金に関する専門性の高い記事。決して誰にでも書けるものではありません。記事の質を保つ上でも、外注しなくては成り立ちません。

 

ゆえに、会社を立ち上げた当初は社内で記事制作を行うことも考えたのですが、それよりもオペレーションを中心に行い、記事制作は専門のライターに委ねるという体制を築いてきました。

 

今お願いしているライターさんは、お金に関する専門家ばかり。最初のころは専門家でない方にもお願いしていたのですが、記事の内容が間違っていたり、『わかっていない人が書いているよね』といった指摘を受けることがあった。そのため、執筆は専門家経験のあるお金のプロにお願いし、私達は彼らへの方向づけや、文章内容に関するサポートに専念するようになっていきました。

 

この体制ができ上がったことで、今は合計600人のライターさんにお願いし、毎日2030本、月間で600900本のコンテンツをアップできるようになりました。おかげ様でお金に関するコラム系メディアでは、ナンバーワンと肩を並べるレベルまで来ることができたと実感しています」

 

 このように毎日20~30本にも及ぶハイペースな更新作業を行っており、これを支えるのが600名にも及ぶ外注ライターさんです。

 

この体制に個人で太刀打ちすることは、正直不可能です。

 

2000年頃からアフィリエイトは「個人の副業だ」と言われ続け長い年月が経ちましたが、株式会社zuu様が法人としてメディアを運営され上場まで成し遂げられたことは、アフィリエイトの可能性を大きく変えて頂けたと思っております。

 

この背景には、急速な市場成長も後押しもあります。

広告の成果型報酬市場は実は超成長市場でもあり、市場成長率が年率2桁を達成されております。

f:id:bitforward2018:20180522212030p:plain

 

 今後の流れとしては、これだけの優良市場であれば法人を上げてアフィリエイトに取り組む企業は確実に増えていきます。

 

 潤沢な資金を使って物量で攻めてこられます。検索エンジンの陣取り合戦は、益々厳しくなるでしょう。

 

パーソナルブランディングが全て

 今後我々、個人規模で行っているメディアは太刀打ちできないのでしょうか?

 

僕はより強い差別化が求められていくと考えています。

 

具体的にお話しさせて頂くと、顔出しは当たり前でどこまで自分をさらけ出せるのか?

 

これが大手メディアと戦わず生き残る戦略ではないでしょうか?

 

ちなみに、僕もこんな感じに顔出ししてます。

f:id:bitforward2018:20180524123724j:plain

 

f:id:bitforward2018:20180524123822j:plain

 

f:id:bitforward2018:20180524123950j:plain

 

ネット上の顔出しは一般的にネガティブなイメージですが、ビジネスを横展開させるために顔出しはこれ以上ないくらい最強のツールです。

 

例えば月間アクセスが50万PVあるサイトがあり、一切顔出しを行わず人と会わず収益をあげるとした場合、広告収入又はアフィリエイト収入のみとなります。

 

しかし顔出しを行うことでセミナー・メルマガ・講演・出版・コンサルなど無限に仕事の幅は広がります。

 

月間50万人が来るということをリアルのビジネスに置き換えたら、活用方法は無限大です。

 

そして一度有名人になってしまえば、一生食いっぱぐれません。断言します!!

 

何のビジネスをスタートするにしても、圧倒的なハンデを貰った状態からのスタートできます。

 

恥ずかしい、批判されたらどうしよう?なんて言ってられない時代に突入し始めたのではないでしょうか.........

  

私は証券会社時代、自己紹介カードというもの必ず持たされていました。

 

これは人は個人のパーソナル情報に興味を示してしまうという本能を利用して行われる営業戦略です。

 

あなたが見せたくない情報は、皮肉なことに皆が一番見たい情報です。

 

ただブランディングを完成させることには。一つ大きな欠点があります。それは短期間で結果を出すことはできないことです。

 

 本当に地道な作業の繰り返しです。僕も正直地味な繰り返しは、あまり好きではないでありません。

 

だからこそ継続できる人が、ほとんどいない世界だとも言えます。

 

自分との戦いを、一緒に頑張っていきませんか?!

 

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain