居候社長の起業奮闘日記~仮想通貨で起業してみた

これは、仮想通貨を世に広めたくて起業してしまった26歳社長が奮闘するノンフィクションの日記です。Bitforward online というサイトを運営しています

1日で3000万円を貰ってしまう?!本当に価値があるものは、形がなかった

f:id:bitforward2018:20180618212622j:plain

 

僕が運営している仮想通貨情報サイト「ビットフォワードオンライン」は、ちょうど3か月が経過した。

 

3か月が経過し、わずかではあるが成長の芽が出始めていた。

成長の兆しが見え始めた一番の理由はコンセプトを超初心者向けに変えたこと、仮想通貨相場が悪くても諦めずに継続して運営し続けたことにあった。

 

ビジネスの勘を磨き続けなさい

 僕はいつものように、居候先のI社長のところに出勤した。

 

すると、I社長に質問された。

昨日のサッカーの試合見たかい?

 

「見てません。」僕は正直に答えた。

 

「うわ~!!それは、勘が悪いよ。僕も普段サッカーはほとんど見ないけど日本のほとんどの人が見ているような要所だけは外さないようにしているんだよ。」

 

「別にサッカーがどうこうではなくビジネスにおいて勘というのは物凄く大事だからね。」

 

「もし今日商談に行って、昨日のサッカー良かったですね!!って会話になった時、話が広がらないことは問題じゃないかい?」

 

bitforward.hatenablog.com

 

「ビジネスの勘は、すぐ磨かれるものではないけれど、普段から意識して生活する練習をしておいて欲しいんだよ。この勘が鋭いだけで大成功している人は、世の中にゴマンといるからね。」

 

 「普段から勘を磨くことを意識して生活する、この話だけで今日君は1000万円儲けたね!!」I社長は言った。

 

会社を運営して1万円の重みを深く感じ始めた僕にとっては、急に出る1000万円の価値はよく分からなかった。

 

ビジネスでは、まず生き残りなさい

 話題は、次に僕の運営しているサイトのことに移った。

 

「君は今コストをかなり意識して、会社を運営し始めただろ?」

 

「そうです。最近は経費にばかり目がいきます。」

 

「これはちょうど経営で言う、第2ステージに入ったところなんだ。」

 

「ビジネスは本当の立ち上げ初期は、本能のままにコストを度返ししてドンドン進めないといけない。」

 

冷静にコストやリスクのことばかり考えすぎると

「そもそも、やらない方が一番良いんじゃないか?」という結論になってしまうからね。

 

立ち上げ初期が終わると、次に考えなくてはいけないのはコストのバランスなんだ。

これは儲ける前の「生き残る」ためのフェーズに行くからね。

 

ビジネスは、よっぽど変なものを選ばない限り「長く生き残る」だけでほとんどが軌道に乗っていくんだよ。

 

僕は無責任なことは言わないようにしているけど、僕の勘だと君のビジネスモデルは必死で継続すれば年商1億円、年収で言えば2000~3000万円のところまでは到達するよ。

 

年商1億円の規模であれば奇抜なアイディアは大して必要なくて、努力と継続で到達するからね。

 

 「ただ世の中の悲しい現実としては、良い人ほど成功していないんだ。逆に人間性に問題がある社長が成功したりしている。なぜか分かるかい?」I社長は言った。

 

「人間性に問題がある社長は、常識を疑う癖があるから最初にお金をかけすぎずビジネスが立ち上がるまで生き延びてしまうからなんだ。」

 

「逆に良い人ほど、ちゃんとした形でビジネスを進めないとお客様に失礼だと思って最初から業者に乗せられて、一貫してコストをかけ続ける」

 

「そして、ビジネスが立ち上がる前に資金が尽きて自滅してしまう。それくらい生き残ることは、大事なんだ。」

 

経営はアクセルとブレーキのバランスだ。

 「一人起業した人が3年経たずに潰れていくのは、経営のアクセルとブレーキのバランスがおかしい時に指摘してくれる人がいないからなんだ。」

 

「アクセルを入れ続けても自滅するし、ブレーキを踏み過ぎてもビジネスが立ち上がらない。」

 

このバランスをチームで客観的に評価することが大事なんだ。

 

この話を覚えておくだけでも、1000万円の価値があるよ。

良かったね。

今日は、これで2000万円も儲かった。I社長は言った。

 

人の話を最後待って、適切に発言しよう

 「 最後にこういうことを話すと、君は反射的に口を挟みたくなってしまうと思う。これは人生において物凄く損をしているんだ。この時何を言っても、相手には反論しているようにしか受け取られない。」

 

「これを知らず知らずに続けると、人が自分の周りからいつの間にか離れて行ってしまう。」

 

ビジネスの0→1は自分だけでもできるけど、1→10→100にする場合必ず人の協力が必要になってくる。

 

「人が自分の周りから離れて、ビジネスを大きくできた人はいないんだよ。」

 

「しっかり人の話を聞いてから、空気が変わるのを待って適切な時に自分のことを話す。これは、たとえ君がADHDだったとしても訓練でできるようになるからね。」

 

これも1000万円の価値がある話だよ。

 

今日は合計で3000万円も得をしたね。

すごいな~本当に......

 

この 3000万円という数字は、I社長が出まかせで言っているわけではなかった。

 

I社長は言った。

「実はこれは若い頃、僕も自分のメンターに全て同じように教わってきたことなんだ。言ってしまえば全部受け売りだ。」

 

「その時、価値が分からなかったけど後々振り返ると確かに1000万円以上の元は取ってる。」

 

 だから早く会社を大きくしたい気持ちは分かるけど、まず生き残って自分磨くことを考えてごらん?そしたら必ずチャンスが周ってくるから。

 

お金持ちの人はいつも、不思議な価値観だった。

 

続く

 

 

 

 LINE@始めました。LINE@では仮想通貨の最新情報や、居候社長のブログに度々出てくるI社長への経営相談も承っています。

 

I社長の経歴は、こちらから

【報告】札幌中央 第753回経営者モーニングセミナー テーマ『 企業買収・合併の落とし穴〜年商40億の経営者からある日突然 無収入になった私の経験〜 』2016年11月9日水曜日 : モーニングセミナーの予定と報告

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain