居候社長の起業奮闘日記~仮想通貨で起業してみた

これは、仮想通貨を世に広めたくて起業してしまった26歳社長が奮闘するノンフィクションの日記です。Bitforward online というサイトを運営しています

仮想通貨、大暴落時には僕たちはどうするべきなのか?

f:id:bitforward2018:20180614211758j:plain

 

仮想通貨市場は6月も依然として、不透明な状態が続いています。

 

以前仮想通貨を購入された方の多くが疑心暗鬼を深めているのではないでしょうか。

 

分野は違いますが、僕は株式相場でも同じようなことは何度も経験してきました。

 

特に最近の傾向として、株式・為替共に「ボラティリティ」という変動幅が高い傾向が続いています。

 

2011年頃は、1日にドル円が1円以上動くことはあり得ないくらいの事件でした。

しかし今は、日常茶飯事です。

 

ここ3ヶ月で、為替は104円~110円と6円近く変動しています。

大きく変動することが当たり前の時代になってきました!!

 

こういう場合僕たちはどうすれば、良いのか......

それは「勝てるレースでしか戦わない」です

 

僕は証券会社時代お客様を負けさせないようにする為に、この戦略を取っていました。

 

全レース、全エントリーをすると正直必ず負ける時はきます。

 

私は正直、仮想通貨が盛り上がってほしいと思ってはいますが

 

同時に責任なく煽るだけ煽って、仮想通貨を投資したことを後悔する人を生みだしたくないのです。

   

このような疑心暗鬼の相場の時に、とるべき行動戦略は2つ

1.下手に動かないこと

2.少しずつ仕込みで資金を入れること

 

なんだそんなの分かってるよと言われてしまいそうですが

「当たり前のことを淡々と続けること」が勝つ秘訣だと私は思います。

 

そして本当に勝つ方法論は、いつもシンプルです。

投資手法は、数多くあるようで単純に分けると二つしかありません。

順張りと逆張りです。

 

順張りは上がっている相場の流れに逆らわずに買い、途中で売り抜ける方法です。

 

逆に相場が下落している時に入って稼ごうとすることを、逆張りと言います。

 

投資で勝手いる人の9割は、順張りをしています。

 

それだけ、逆張りという手法が難しいということでもあります。

トレンドが明確に転換したと感じるところで、少しずつ資金を入れていくこれが私が

 現状負けにくい方法だと思っています。

 

そして今は、タイミングではありません。

 

「休むも相場」です。

 

PS. 少しずつ資金を入れていく手法は「経営」でも同じだよってI社長に言われました笑笑

 

line@始めました。

ブログではなかなかお話ししない情報を定期的に呟きます。登録、よろしくお願いします。

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain