居候社長の起業奮闘日記~仮想通貨で起業してみた

これは、仮想通貨を世に広めたくて起業してしまった26歳社長が奮闘するノンフィクションの日記です。Bitforward online というサイトを運営しています

仮想通貨サイトは、あまりにも差別化されていない件について!!お金を稼げれば、何でも良いの?!

仮想通貨のサイトを運営しているため、競合のサイトを数多く拝見させて頂いているのですが

 

「どれも、ほとんど同じやないかーい!!」って声を大にして言いたいです。

 

オリジナリティーのかけらもない取引所の口座開設記事!!

どこかで見たような、コインの説明。

 

同じ題材で書いてるんだから、似てしまうのはしょうがないと思う。

 

しかし、一つでも検索エンジンの順位を上げるために長文合戦になってしまっている。これは、本当に読者の方を見て行っているのだろうか........

 

本当のプロは情報を捨てることだ

 確かに情報が多いということは、一般的には素晴らしいことだと思う。しかし本当のプロであれば「要点を端的に伝えること」これが一番求められるのではないでしょうか。

 

文章を詰め込むということは、原稿をダラダラ読むだけのプレゼンテーションと同じだと思っています。

 

「それは仕事ではなく、作業だ!!」

 

例えばADAコインの特性について書かれている記事があり、それをこれでもかというくらい長文を書いてそれが上位表示されている。

 

しかし本当に隅から隅までADAコインのことを知りたい人は、おそらくごく少数ではないかと思います。

 

多くの人は自分の保有するコインが将来有望で上がるか下がるか、これだけ分かれば充分じゃないでしょうか。

 

意味もなく情報を詰め込み文章を長くすることは、グーグル先生に媚びを売っているだけではないでしょうか?

 

木を見て森を見ず

 こんな風に批判している僕も、実は最初同じことをやってしまっていました。当事者になると、不思議なことに気付けなくなります。

 

できるだけ難解で深い情報を入れないと、法人として運営しているのであれば恥ずかしい!!そう思っていました。

 

しかし、それは自分の見栄でありエゴでした。

 

そして読まれることないコンテンツとしてお蔵入りとなっていきました。

 

僕が目が覚めたきっかけは、周りの方にアンケートを取ったからでした。

 

多くの人にとって難しい長文を読ませられることは、苦痛以外の何物でもないというこよ。

 

それは、コンテンツ作成側のエゴだったということに気づきました。

 

お金を儲けることは決して悪いことではないし、僕はむしろ賛成派です。しかしお金は世の中の人に感謝してもらった対価として頂くものであって、決して同業者を蹴落として得るものではない。

 

目線が読者の方ではなく同業者を見ていたら、サイトのオリジナリティーは乏しくなり極論自分のサイトじゃなくてもよくなってしまう。

 

僕は仮想通貨を広めるにあたって、たくさんの試行錯誤がありましたがビジネスオネエというキャラになりました。

 

正直オネエになりたかったわけではないけれど、難しい仮想通貨を少しでも簡単に分かって頂いて購入のハードルを下げることができたらこんな嬉しいことはないと思っています。

 

そして、まなピケさんにも顔出しの協力をして頂いています。年頃の女性の方が、白目など身体を張ってくれて本当に頭が下がる思いです。

 

f:id:bitforward2018:20180518194049j:plain

 

 

f:id:bitforward2018:20180518193939j:plain

 

偉そうなことを言ってしまって本当に申し訳ないけど、お金を稼ぐときの美学を持ってやっていこうよ!!って思います。

 

同業者を見るのではなく本当にゴマンとあるサイトの中から、わざわざうちのサイトを選んで来てくれた読者さんのために、少しでも良いものを見て帰って貰えればって思って運営して行こうよ!!ってお話です。

 

終わりに

 

弊社では、ビットフォワードオンラインという仮想通貨×エンタメを目標にした超初心者向けのサイトを運営しています。

https://bitforward-online.com/category/manapike

 

ひよっこですが、よろしくお願い致します。