居候社長の起業奮闘日記~仮想通貨で起業してみた

これは、仮想通貨を世に広めたくて起業してしまった26歳社長が奮闘するノンフィクションの日記です。Bitforward online というサイトを運営しています

本学と末学「本末転倒」の本当の意味を知る?

f:id:bitforward2018:20180530124208j:plain

 起業してから、早3か月が経過していた。

 

しかし3、4、5月と仮想通貨の相場の状況は、いっこうに改善しなかった。

 

上がる上がる詐欺を3ヶ月間も継続した状態だった。

すると僕の心の中に、また不安が出てきた。

 

「このまま、もし仮想通貨相場が下がり続けたら?うちの会社は潰れてしまうのではないか?」

 

「他に仮想通貨とは関係なく、収益源になるものを探した方が良いのではないだろうか?」

 

そういう後ろ向きな発想で考えたことが、ブログを人気化させてコンサルの仕事を頂くことだった。

 

全く狙ったわけではなかったが、自分のありのままを書いているこちらのブログの方が、僕のメインサイトの「ビットフォワードオンライン」よりアクセスが集まってしまっていた。

 

その為、こちらのブログのアクセスを伸ばして月数十万PVにしてから「ブログのコンサルをしたらどうか?単月黒字にできるのではないか?」ということを考え始めた。

 

僕の頭の中はお客様のことより「少しでも早く黒字化を達成したい。そして、潰れたらどうしよう?というプレッシャーから楽になりたい」ということでいっぱいになっていた。

 

僕は、いつものようにI社長にお話しした。

「もし仮想通貨が本当にダメだった時のことを考えています。そこで、他の収益源を作った方が良いのではないか?と思うんです」

 

「その為、ブログのコンサルをしようと思うんです。」

 

I社長は、それを静かに聞いていた。そして、いつになく厳しい表情で話した。

 

本学と末学を学ぶ

「最低のビジネスモデルだよ。というより、そういう思考が最低だね。」

 

 「君ね、吉田松陰の本学と末学と言う言葉を君は知っているかい?本学とは人の生き方や道を教えたもの、末学というのは所謂ノウハウやテクニックそして人間の欲に関する大切でない枝派の部分だ。」

 

「このバランスが、非常に大事で50:50が理想的だと言われているんだ。今の君は、9:1で完全に末学に偏っているだろ?だから、何でも良いからお金を稼ぎたいという行動パターンを取ろうしているんだ。」

 

「でもね、この本学と末学のバランスが崩れたとき何が起こるか分かるかい?それは、本末転倒ということだよ。つまり失敗するってことさ!!君の周りから、応援してくれる人は離れていくんだ。」

 

 「君の会社の経営理念はなんだい?どうして、ビットフォワードっていう会社を起業したんだい?」

 

f:id:bitforward2018:20180604174312j:plain

 

「難しい仮想通貨の知識を、誰よりも分かりやすく楽しく学んで頂くためです。」僕は、そう答えた。

 

「だったら、仮想通貨市場が調子が悪いとか?そんなこと言っているのは、おかしいだろ!!」

 

「24時間どうしたらサイトに来てくれる方が面白いと思って、仮想通貨を学んで貰えるべきかを考え続けないといけないのではないか?それは、徹底的に真面目に不真面目をするってことだろ」

 

bitforward.hatenablog.com

 

「そうやって良くしたい人に貢献したい、と思った先に運が味方し始めるんだよ。」

 

「今のスケベ心で、良いことないかな?と思って神社に行こうとしても良い運気なんてくるはずないだろ??」

  

「外部環境がどうなろうが、愚直に一つの道を狂ったようにやった人に仕事は集まるんだよ。

 

「なぜ、会社経営で理念が大事と言われているか知っていかい?こういう外部環境や、経営環境の悪化というのは日常茶飯事なんだ。」

 

「そうした時にブレずに行動し続けられるかは、最初の理念をどれだけ深く信じ込んで達成したいと社長自らが思えるかなんだ。」

 

「これを心の奥底から「こういう未来を作りたい」そう思ってないと、大変な時、苦しい時に必ず行動がぶれてしまうんだ。そして、言葉に迫力がなくなる。」

 

「人を信じさせるには、根拠よりも数値に表せない気迫の方が大事だったりするんだ。」

 

僕は自分の心の弱さを感じてしまった。末学に行きたくなってしまうのは、手っ取り早く楽になりたいからだ。

 

まだどうにでもなる状況で大丈夫か?と考えてしまう。これは、心の弱さと忍耐力の無さからだった。

 

本当に純粋に面白いと思って貰えるようになっていただろうか?そういう視点で、サイトを見直した。

 

また、徹底的に面白い仮想通貨サイトを目指していくうえで考えた企画は

 

 「実際に現地に行って仮想通貨決済をしてきたという体験レポートだった。」

 

例えば、ノースサファリという日本一刺激的な動物園が札幌にはあります。

入園料金 | 体験型ふれあい動物園【ノースサファリサッポロ】

ここでは実はビットコイン決済が使えるんです。

f:id:bitforward2018:20180604135022p:plain

 

これを「ただ使えます」と事実を書くのではなく、実際に現地に行ってビットコインで決済して楽しそうに遊んでいるところを写真に取ったら、絵的にも面白いだろうし面倒過ぎて他のサイトもマネしないので完全なオリジナルになるのではないかと思った。

 

結局、小手先のテクニックに囚われず本質を追及することが全てなのだと感じてしまった。

 

すると不思議なことにあれだけ苦しめられ続けた、仮想通貨市場が反発した。

 

運とは、人の心の持ちようなのかもしれないと思った

 

 

  続く

 

こちらの居候社長の起業日記では僕の未熟なところ、心の葛藤を隠さず書いています。

ピンチになった時ほど、人間性が出てしまうというのは本当みたいですね。

 

居候社長の起業日記、第一話はこちらから!!

bitforward.hatenablog.com

 

 

起業するまでの簡単なプロフィールは、こちらから

bitforward.hatenablog.com

 

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain

やっつけ仕事は止めた!!Power directerで動画編集に挑戦し始める

youtubeに動画投稿をし始めて1ヶ月半。

正直自分に負けて、動画をupできない日は何度もあった。それでも、なんとか続いていた。

 

 そんな中、せっかく時間を使って動画を取っているんだたったら「数字を伸ばしたい」という欲が僕にも出てきた。

 

 毎日動画配信することを「ノルマ」のように取り組むのは、今後のことを考えても辛いだけだし、どうせやるなら数字を増やすゲーム感覚にように嵌った方が幸せだと思った。

 

現状僕のyoutubeの動画投稿における問題点は無数にあるが、大きく分けると二つ。

1.自分のキャラ設定が定まっていないこと

2.編集ができないので、動画をほぼ加工せずアップしていることだった

 

簡単に言えば、ド素人がド素人のまま投稿していた。

当然、数字は伸びなかった。

 

 どうしたら数字が伸びるのか調べると、サムネイル画像と動画の編集がキモだった。

 

サムネイルとは、動画をクリックする際に最初に目にする画像で、こんなやつだ。

f:id:bitforward2018:20180531190407j:plain

 

 僕は動画編集などをやったことがないと理由で、本格的な編集を今まで避けてきた。

 

やる前から、「なんとなく難しそう」という単なる食わず嫌いをしていた。

 

 しかしこの編集の手間を惜しんでいたら、一生数字が伸びそうになかった。

そして、数字が伸びなければいつか「自分の会社」を辞めないといけない日が来てしまう。

これだけは、どうしても嫌だった。

 

「必死になったら勝てる!!」という成功体験は、僕の今後の人生を生きる中で大きな自信になると思っていた。

 

そして、Sマネージャーにpower directorという編集ソフトを貸して頂き人生初のソフトを使った編集にチャレンジした。

 

power directorは比較的初心者向けと言われる動画編集ソフトだった。

 

f:id:bitforward2018:20180531191453j:plain

 

これなら、素人の僕でもできるのではないか?

そんな淡い期待を抱いて、チャレンジしてみた。

 

 結論から言うと、超難しかった。動画を止めてテロップを入れたり、カットしたりする作業ってこんなにも面倒で大変なことだったとは思わなかった。

 

特に動画は字幕を適切なタイミングで入れるために、何度も自分の動画を確認するのだ。これが、けっこう苦痛だった。

f:id:bitforward2018:20180531193428j:plain

 

youtuberって、あんな長い動画の編集を毎日やってんのか.....

本当に、そう思ってしまった。

 

特に最初の方なんて、収益なんてほぼない状態で1本数時間の編集作業をするのは本当に「修行」だと思った。

 

まさに、真面目に不真面目をするの境地だった。

bitforward.hatenablog.com

 

勿論、慣れない作業も相まって僕の作業効率は最悪だった。

 

 しかし同時に充実感もあった。

新しいことを覚える瞬間は本当にストレスだけど、これでまた自分のできることは一個増えた。

 

「一生盗まれることのない無形の資産が一個増えた。」

 

何歳になっても自分でできることが増えていくことは幸せだと思った瞬間だった。

明日からも数字を伸ばすゲームを楽しもうと心に誓った。

 

続く

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain

最近のブログつまらないって言われた?!等身大の自分以外価値は0でした

f:id:bitforward2018:20180524123950j:plain

 

「最近の居候社長の起業奮闘日記全然面白くないんだけど.......何でコンセプトをずらしたの?」

 

ある日、僕のブログを見てくれているI社長に言われた。

 

つまらないと言われたのは、こういニュース系を書き始めたことが原因だった。

bitforward.hatenablog.com

 

bitforward.hatenablog.com

 

 「いいかい?君のブログは、君しか書くことのできない魂がゆすられるような切迫感や感情表現が魅力なんだよ。」

 

「君がネットのニュースを上から評論することは、全く価値がないんだよ。そんなのそこらじゅうにあるじゃないか!!」I社長は言った。

 

僕が自分のブログのコンセプトを急に広げ始めたことには、思うところがあった。

 

それは今の感情むき出しのブログでは、検索エンジンSEO対策としては不十分すぎるのではないか?

  

また失敗段ばかり話すのは、自己ブランディングとして間違っているのではないか?と疑問が生じたからだった。

 

もっと端的に言えば

すごい人にお仕事を託したいのであって、失敗談ばかり書くような人にお仕事を頼みたい人なんていないのではないか?と考えた。

 

その結果、失敗談だけでなく、ちょっと上から解説したような文章も混じり始めた。

 

軸をブラさないことが全て

 

 「余計なものを混ぜることは、せっかくの君のブログの濃さを薄くするんだよ。」

 

「君には、軸がないんだ!!軸かないから、簡単にコンセプトを変えてしまうんだ。」

 

 「軸がブレることは、言い換えれば自分の自信の無さの表れなんだよ。成果を焦る気持ちは分かるけど、お金を追ったらお金に一生逃げられるよ。」I社長は言った。

 

確かに以前は30記事前後の少ないコンテンツ量ながら、多くの方からお問い合わせを頂いていた。 そして、居候社長と言うテーマで講演のお仕事まで頂けた。

 

少ないアクセスながらも、確実に人の心に刺さっていた。

 

 しかし、もっと早く検索流入を増やして評価されたいという思いから、ブランディングをズラしてしまっていた。

 

そんな時、このブログを読んだ。

www.notosumire.com

 

なんでつまらない記事を書いてしまうのか
なんで実績に相応しい発信ができないのか(偉そうになるのかってこと)

それは他の誰かのブログをモデリングしているからでしょうね

真似しようとしているんじゃないの
無意識にそうしなきゃと刷り込まれているんです

それが正解なんだという刷り込みですね!!

 

「同じことを書いてても人気が出るのはすでに実績がある人と美人だけ」

 

  悲しいかな?痛いほど、図星をつかれてしまった。

 

僕は有名ブロガーに人に自分の失敗談ばかり書く人がいないから、無意識にそうしてはいけないと思い込んでいたみたいだった。

 

等身大の自分をさらけ出すのではなく、有名人のマネをしているだけだった。

 

読者の方を見ていなかった

 せっかくこのブログを通して会いたいと言って頂ける方が現れたり、お仕事をいただけたのにも関わらず

 

僕は小手先のテクニックに囚われて、画面越しの読者の方を見ることができなくなっていた。

 

昔は、こんな記事を書いていた。

確かに、切迫感や迫力は段違いだった。本当に、自分の胸の内を隠さずに書いていた。

bitforward.hatenablog.com

 「あなたに求められていることは、今読んでくれている読者の方を裏切らないことでしょ。」

 

「あなたの魅力は、たくさん失敗もするけど一生懸命前に進もうとしていることでしょ?」

 

「それを捨ててどうするの??」I社長は、一人の読者として教えてくれていた。

 

僕はそれを勝手な思い込みで、自分から壊そうとしていた。

皆が見たいのは、かっこつけた自分ではなく等身大の自分だった。

 

ありのままが一番評価される!!

 

 自分の信念を曲げないことの大切さを、学んでしまった。

 

続く

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain

僕は生まれてから努力をしていなかった?!見張りがいてできる努力は、作業でした!!

毎日ブログ投稿、毎日配信これを決めてから僕は何度目の挫折だっただろうか?

 

そしていつものように、I社長から凡事徹底しないと成功の軌道までは絶対に持っていくことはできないというお叱りを聞いていた。

 

この原因を僕は、ふと考えていた。何で高校の時は、毎日勉強できたのに今はこんな簡単なことができなくなったのだろうと.........

 

I社長は話してくれた。

「君は今まで人からやらされることでしか、努力をしたことがなかったんだよ。だから全部自分の頭で考えてする努力は今回が初めてなんだ。」

 

「それに勉強などは、マニュアルがあるから成功までのプロセスが明確だろ?ここまでを確実にこなせば良いと。でも、今回は不明確な中で自発的に努力を続けないといけない。

 

「だから経営者は、目に見えないものに縋るし神社にも行くんだ。」

悲報

 僕は生まれて努力をしたことがなかったみたいだった!

正確にいうと、今まで努力だと思い込んでいたことは全て作業だった。

 

誰かが「やりなさい」と言ってくれる環境下でしか、僕は努力を続けたことがなかったのだ。

 

小中高の頃時代、毎日何時間も勉強できたのは僕が真面目なのではなく、帰ってくる度に勉強しなさいと言い続けた母親おかげだった。

 

面倒だなと思いながらも、それに従っていれば良いだけだった。

 

大学時代もカリキュラムがありテストがあるので、継続することは簡単だった。

 

サラリーマン時代も「営業を取ってこい!」と尻を叩いて貰って、その過程で皆が同じ方向を向いて走るため頑張ることは簡単だった。

 

 環境を受け入れて頑張れば良い。自分で自発的にエネルギーを出し続けなくても良い。今思えばこれは、本当に楽だった。

 

独立すると、全部自分で決めることができる。勿論、見張りもいない。一日中、サボっても何も言われない。

 

この環境化で結果が出ない状態で継続することが、本当の努力だった。そして、これはかなり辛いものがあった。

 

すぐに結果が返ってくる努力は誰でもできる。やればやった分だけ返ってくるのだから楽しくてしょうがない。

 

そこに到達するまでの下積みこそが本当の努力だった。

 

努力した対価を貰わないと走れないのは、おやつ貰わないと芸ができないペットと一緒だった。

 

しかし精神論だけでは解決しなかった。一番の問題は、自分の家にいて作業をしてはいけないということだった。

 

どうしても家にいると、「こんなことをしてて良いのか?」というくだらない雑念が押し寄せてきて作業の手が鈍った。

 

だからこそ、常に外で作業する必要を感じた。こんなことを言うと、赤ちゃんに戻ったと思われるかもしれないが、元々が赤ちゃんだったのだ。

 

環境のおかげで気づいていなかっただけだった。

 

淡々と続ける。これが僕の中での一番のテーマだった。

f:id:bitforward2018:20180521190051j:plain

 

続く

 

 

 I社長の経営お悩み相談コーナー

経営でお悩みの社長様、このブログに出てくるI社長に経営相談してみませんか?

I社長は、0から年商40億ほどの規模まで会社を成長させバイアウトしました。

 

その時の数々の経験から、現在はプロの経営コンサルタントとして活躍されています。I社長が、コンサルをした会社の経営再建成率は脅威の100%!!

 

まずは、お問い合わせください。

I社長に経営相談する info@the-doctors.jp

 

I社長プロフィール 

【報告】札幌中央 第753回経営者モーニングセミナー テーマ『 企業買収・合併の落とし穴〜年商40億の経営者からある日突然 無収入になった私の経験〜 』2016年11月9日水曜日 : モーニングセミナーの予定と報告  

  

株式会社bitforward - | Facebook

 

居候社長に興味を持ってくれた方、下記にお問い合わせください。

 

お問い合わせ bitforward2018@gmail.com

 

数字が全てだった!!超トップ営業マン、まなピケ誕生!!

僕がある日、自分のサイトのグーグルアナリティクスを何気なく見ていた。そして、その日はなぜかアクセスの要因が気になっていた。

 

それは、僕のサイトのアクセスの9割をふく子とマナピケが教える初心者講座の記事が締めていたのだ。

 

f:id:bitforward2018:20180427142709j:plain

 

https://bitforward-online.com/category/manapike

 

みんな、こんな写真が入っている記事の方が見たかったみたいだった。

f:id:bitforward2018:20180504112832j:plain

 

 

 

営業マンでいうならば、こんな断トツ成績を上げる営業マンは証券会社時代も見たことがなかった。

 

僕の予想では、ビットマウス君の漫画も同じくらいの人気だと思っていたが、現実は全く違った。

 

数字が全てでこれが答えだった。これまでいろんなことにお金をかけ続けたことは、これを気づくためにあったのかもしれない。

 

 

検索エンジンの都合上、3~6ヶ月経たないとアクセスを伸ばすことはできない。これだけ圧倒的な数字を上げているのであれば、将来的には人気になることは予想できた。

 

この売り方の強いところは顔出をしているので、ふく子とまなピケの知名度が上昇することにあった。

 

勿論批判もたくさん浴びることにはなるけど、名前が売れることで横展開のし易さなども圧倒的に違った。

 

ふく子とまなピケのキャラで違うものを販売する。

 

僕の当初の理念であった、大規模で皆が訪れるサイトとは大きくずれてしまったけど

数字が出るものに経営資源を投入しなければいけない。

 

 

I社長と相談して、マナピケさんの記事単価を引き上げることを決定した。

「ここの張り時が勝負所だね!!一番大事なところだよ。それにトップ営業マンを大切にするのは、どの会社も同じだからね。君の会社の圧倒的な、トップ営業マンはまなピケさんだろ?」

 

「君にはまなぴけさんにご飯を食べさせて頂く、ヒモの生き方が向いているんじゃないか?!」

 

事業をスタートしてから予定通り進んだことはなかったけど、これも悩んで苦しんで神社に行ってから出てきた答えだった。

 

あと少しのところまで来ていた。

 

 そして、苦しいことにビットマウス君をどうするべきかを真剣に考えなくてはいけなかった。

 

採算が合わないのであれば、辞めなくてはいけない。僕の中で、また考えるべきことが一つ増えた。 

 

続く

 

 

f:id:bitforward2018:20180614162648j:plain

ふく子、弱った自分にもう一度自己暗示をかけ直す!!

 ある日、いつものように僕は家でパソコン作業していた。

 

その時にふと思った。「最近、自己暗示が弱ってきたのではないか?!」

 

僕は、基本的にポジティブ人間だった。大学の頃、自己啓発系を読み漁り自分の精神状態が人生に大きく影響してしまうことを知っていた。

 

自分のことを幸せだと思っている人はどんどん幸せになり、不幸だと思う人はどんどん不幸になるという「マーフィーの法則」だ。もっと、身近な言葉では思考は現実化するということだ。

 

これを実際に実践した僕の立場からすると、やった直後はどんなにポジティブに「できる、できる」と言っても目に見えた効果は表れない。

 

これが効果を発揮するのは数か月後!!言ったことを忘れたことに、宣言した通り達成し次の課題で悩んでいるのだ。

 

それを知ってから、基本的にプラス思考でいるように努めてきた。今振り返ると大和証券時代、トップを取れた理由も「絶対に1番を取る」と宣言したからではないかと思っている。

 

しかし、起業してから僕は慣れないことの連続だった。「寝てる時が幸せだから、起きて現実に戻りたくない。」などいつもの僕からは考えられないような言葉も出ていた。

 

そして「できる、俺は必ず会社を大きくできる」とい言い続ける機会が減ってきていることに気付いた。

 

僕は目に見にえる世界と、目に見えない世界は繋がっていると思っている。よく言う顕在意識と、潜在意識のお話だ。

 

実力がほんの紙一重の差の場合、勝負ところで必ず「俺は、できる。」「必ず勝てる」と思えるかは今後の成果を大きく変えてしまうほどだった。実際に、僕の人生でも何度も経験していた。

 

そんな時、たまたまyoutubeこの動画を見た。


何をやってもうまくいく人に共通する「思考習慣」

 

 この講演をされている鴨頭さんのプロフィールを簡単にまとめると、日本マクドナルドで集客数でworstの店舗を3年で日本一に育てるなど実績を出され独立された方で現在は炎の講演家として活動されている。

 

彼が倫理法人会という組織で講演したこの動画を要約すると、皆仕事が上手くいくから楽しく幸せになると思っている。それは間違いで、成功→楽しいの矢印を逆に持っていく必要性をお話している。

 

つまり成功するから楽しいのではなく、楽しく仕事をしているといつの間にか成功しているというのが鴨頭さんの主張だ。

 

もっと簡単に言うと「人を変えることはできないが、自分が変わると全てが変わる」ということだった。

 

 そこから、僕は一人で部屋にいる時に自己暗示をかけ始めた。

 

「ああ、何て幸せなんだ。毎日出勤する必要もなく、全部自分で決めることができる。」

 

「ご飯も好きな時に、好きなものを食べられる。自分の好きな時に、好きなだけ仕事をさせて頂いてありがとうございます!!」

 

はたから見たら完全に頭がおかしい人だと思う。

 

そうして、気づいた。あ、俺ってかなり恵まれてるんだと。勝手に、自分を不幸に仕立て上げようとしていたと.........

 

自己暗示を終えると、なぜかいつもと変わらない部屋の景色が明るくなったように見えた。

 

面倒くさくて、やりたくなかった部屋の片づけもできるようになった。そして、この自己暗示が現実に反映されて幸せな未来ばかりが来るのはタイムラグがあることも知っていた。

 

翌日、この状態でI社長の事務所に出勤すると、

「躁(そう)状態に入っているね。この状態は、仕事をドンドンこなしたいというエネルギーはでるんだけど、自分のことばかり話して会話にならなくなるからね。」

 

欠点もあったみたいだった。。。。

f:id:bitforward2018:20180510151131j:plain

 

続く

 

 

出る杭は打たれる、出過ぎた一本の杭になる

 

bitforward.hatenablog.com

 

前回、僕は周囲の批判に疲れ始めていたという記事を書いた。ピエロを演じ続けることは、反響を生んでしまうので予想以上にエネルギーを使うのだ。

 

そのことをI社長に伝えると

 

「君の行動を批判する人が現れ始めたというのは、良い傾向だね!!君が少しずつ目立ち始めてきたということだよ。つまり、出る杭になり始めたってことだね!!」

 

「君が完全に売れる前に、一旦叩かれたり批判を貰ったりするステージがあるんだ。今君は、ちょうどそこにいるね。」

 

「これは僕も全部経験してきたステージだから、君が今どこにいるのか手に取るように分かるよ。このステージは、おそらく数ヶ月は続くからね。」

 

成功する前段階で、これは必ず避けられないことなんだけど「批判→賞賛」この順序は、絶対に変わらない。そして「出る杭が、出過ぎた一本の杭になるまで継続しないといけないんだ。」

 

そして自分が現在成功するためのどのステージにいて、どういう現象が起きているかを知っておくことは大事なんだ。

 

「事前に知っていたら、批判されたって何てことはないだろ?!」

  

世の中の多くは、どちからと言うと目立ち始める人が嫌いなんだ。ここを突き抜ける前に、必ずたくさん批判が集まる。

 

 そして、それを無視して継続すると「出過ぎた杭」つまり圧倒的なポジションになるんだ。

 

ただ現実問題として、君のことを批判する人に会うと君自身の行動するエネルギーが削がれてしまうからね。

 

目的もなく「会いましょう!!」と言われた時に、アポイントの詳細を必ず聞くこと。そしてから、会うか会わないかを判断するんだ。

 

「君には、無駄なエネルギーを使っている時間は無いからね!!」

 

そしてこの批判されるステージにいる場合の「答え」も先に行ってしまうけど、取るべき行動は一つ

 

「自分が本当に会いたいと思う人に、自分からアポイントを積極的に取っていくんだ。ホリエモンでも良い、仮想通貨界の有名人で良い。」

 

「つまり君が追われる側ではなく、追う側になるということだね。君が会ってみたい人は、おそらくなかなか時間をくれない。」

 

ただ面談中、少なくとも相手は君のことを批判しようとしない。なぜなら

 

「君よりずっと上のステージにいるのに、そんなことする必要がないからね!!おそらく君のことを見えてすらいないよ」

 

そして、その方はおそらく多くの学びを与えてくれるだろう。

 

知っていれば、何てことはなかった。確実にステージを進行しているとこだったのだ。

 

僕は、自分の進むべき道が間違っていなかったことにホッとした。

 

自己啓発本などで、こういうことは僕も一通り勉強してきたつもりだった。しかし、頭で分かると実際に体験することには雲泥の差があった。

 

あとほんの少し前に進み続けるだけで良いんだ!!

 

 続く

 

 I社長の経営お悩み相談コーナー

経営でお悩みの社長様、このブログに出てくるI社長に経営相談してみませんか?

I社長は、0から年商40億ほどの規模まで会社を成長させバイアウトしました。

 

その時の数々の経験から、現在はプロの経営コンサルタントとして活躍されています。I社長が、コンサルをした会社の経営再建成率は脅威の100%!!

 

まずは、お問い合わせください。

I社長に経営相談する info@the-doctors.jp

 

I社長プロフィール 

【報告】札幌中央 第753回経営者モーニングセミナー テーマ『 企業買収・合併の落とし穴〜年商40億の経営者からある日突然 無収入になった私の経験〜 』2016年11月9日水曜日 : モーニングセミナーの予定と報告  

  

株式会社bitforward - | Facebook

 

居候社長に興味を持ってくれた方、下記にお問い合わせください。

 

お問い合わせ bitforward2018@gmail.com